農学中手の会 第4回研究集会のご案内

日本農学研究者各位

農学中手の会は、「育種学会」・「作物学会」・「園芸学会」・「植物病理学会」等の農学系の学会から、30〜40代の研究者を中心に結成された研究会です。これらの学会には対象とする作物や利用する技術に共通する研究が多いため、交流と情報共有を深めることで研究のさらなる発展を促すことができると考えられます。

しかしながら、これまで学会間の継続的な交流を図ることは容易ではありませんでした。農学系の学会は毎年9月と3月に集中して開催されるため、短期間に移動を繰り返さなければ複数の学会に参加することができません。また、日程が重なることも多く、そうなると物理的に参加できない学会も出てきます。
そこで、農学中手の会ではこの問題を解消すべく、農学系でも特に「脂が乗りかけている」研究者層を対象に活動しています。活動の内容は以下の二つです。

一つ目は、「ローテーション式ワークショップ」です。一年ごとに育種・作物・園芸および植物病理の各学会をまわり、開催学会以外の学会から演者を招待したワークショップを開きます。
二つ目が、年一回の「研究集会」です。独立前後の、主に40代前半くらいまでの研究者が一堂に会し、その全員が研究発表を行う形で開催します。
第1回の研究集会には24名、第2回・第3回の研究集会にはそれぞれ40名の研究者が集まり、小規模ながら極めて濃密な議論を交わすことができました。4回目となる今回も、規模を40名前後に維持し、3日間にわたって開催したいと考えております。

研究は1人で行うものかも知れません。しかし同時に、研究とは人脈によって活性化されるものだと我々は考えています。勢いのある研究者同士が集まり、自由に議論を戦わせる場として、この中手の会は機能していきたいと考えています。

今年の農学中手の会 第4回研究集会は、12月7日〜9日に滋賀県で開催されます。
運営委員といたしましては、会場の設営、プログラムの編成等の作業に尽力して充実した会となるよう努力して参りますので、是非多数の方にご参加いただきますようお願いいたします。

【参加申し込み】以下の登録フォームからお申し込み下さい

登録フォーム

■ 会期
2018年 12 月 7 日(金)~9 日(日)

■スケジュール

参考  スケジュール案
12月7日(金) 
    13:30-14:00 受付 
    14:00-17:30 口頭発表 
    18:00-22:30 夕食 自由時間 兼 情報交換会
12月8日(土) 
    09:00-12:10 口頭発表 
    12:10-14:10 昼休み 
    14:10-17:00 口頭発表 
    17:20-19:20 夕食 自由時間 
    19:20-20:10 特別講演 
    20:00-22:30 自由時間 兼 情報交換会
12月9日(日) 
    09:00-12:00 口頭発表

■ 会場
雄琴温泉 湯の宿 木もれび(〒520-0102 滋賀県大津市苗鹿2-30-1)
http://www.komolebi.jp/

■ 対象
主に30〜40代の農学系研究者
(+参加を希望する学生)

■ 参加予定数
40 名を想定しております。

■エントリー状況
2018年9月26日現在の登録者数26人   演題(一部)

内藤健 耐塩性進化の影の支配者
野田口理孝 異科接木の秘訣を分子レベルで知りたい
西内俊策 日本のイネ栽培レガシーデータから価値を見出したい
宮本真理 オックスフォード・ナノポア農学への応用 ~フィールドシークエンスからゲノムアセンブリまで~
東樹宏和 最強の植物共生菌をもとめて
羽馬哲也 赤外分光法によるイネの葉のクチクラ外ワックスの非破壊分析
小埜栄一郎 ゴマリグナン代謝から逸脱するもの(正統と異端の代謝学)
戸田陽介 集合知を元にした病害虫診断モデル+
浅井秀太 植物病原菌の巧妙な認識回避の“術”
関功介 桃栗三年柿八年 レタスは何年?
白武勝裕 遺伝子組換えで緑の花をつくる
前田太郎 AM菌の気まぐれリボソーム2
鮎川侑 植物病原菌の小型染色体について
田中啓介 「早い・安い・旨い」を目指したMicrosatellite capture sequencing法の展開
津坂宜宏 薬用植物ホソバオケラの薬効成分の遺伝解析
樋山肇 薬用植物マオウの総アルカロイドに関する遺伝学的解析
矢野憲司 パブリックデータ利活用による研究の迅速化
田中伸裕 イネの栄養吸収に関わる遺伝子の機能解析と、遺伝資源の有効活用について
黒羽剛 水没に負けずに伸びる「浮きイネ」の戦略とその起源に迫る
水多陽子 花粉管をベクターとして植物を変える

■ 運営■ 参加費  20,000円程度を予定 (全日程参加の場合)

参考資料 第3回農学中手の会の参加費内訳
<参加費の内訳・二泊三日の場合>
宿泊費    : 12,000円 (領収書は宿泊施設より出ます)
会場代    :   3,000円 (領収書は中手の会より出ます)
要旨代    :   1,000円 (領収書は中手の会より出ます)
情報交換会費 :   4,000円 (領収書が必要な方はお申し付け下さい)

<備考>
・1人部屋をご希望の方は,宿泊費が変更となります。また一泊二日の場合には宿泊日により宿泊費が異なります。

中手の会運営世話人一同
内藤健(農業・食品産業技術総合研究機構 遺伝資源センター)
藤本優(東京大学大学院農学生命科学研究科)
高梨秀樹(東京大学大学院農学生命科学研究科)
山内卓樹(国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)さきがけ)
西内俊策(名古屋大学大学院生命農学研究科)
門田有希(岡山大学大学院環境生命科学研究科)

■ 協賛■

農学中手の会 第3回研究集会のご案内

2017年7月31日(最終更新 2017-11-30)

日本農学研究者各位

農学中手の会は、「育種学会」・「作物学会」・「園芸学会」・「植物病理学会」等の農学系の学会から、30〜40代の研究者を中心に結成された研究会です。これらの学会には対象とする作物や利用する技術に共通する研究が多いため、交流と情報共有を深めることで研究のさらなる発展を促すことができると考えられます。

そこで、農学中手の会ではこの問題を解消すべく、農学系でも特に「脂が乗りかけている」研究者層を対象に活動しています。活動の内容は以下の二つです。
一つ目は、「ローテーション式ワークショップ」です。一年ごとに育種・作物・園芸および植物病理の各学会をまわり、開催学会以外の学会から演者を招待したワークショップを開きます。二つ目が、年一回の「研究集会」です。独立前後の、主に40代前半くらいまでの研究者が一堂に会し、その全員が研究発表を行う形で開催します。第3回めとなる今回の開催にあたっては、会期を土日に掛かる2泊3日とし、研究者間の交流の時間の確保と新規の方の参加しやすさの向上を目指します。

研究は1人で行うものかも知れません。しかし同時に、研究とは人脈によって活性化されるものだと我々は考えています。勢いのある研究者同士が集まり、自由に議論を戦わせる場として、この中手の会は機能していきたいと考えています。

今年の農学中手の会 第3回研究集会は、12月1日〜3日に滋賀県で開催されます。
運営委員といたしましては、会場の設営、プログラムの編成等の作業に尽力して充実した会となるよう努力して参りますので、是非多数の方にご参加いただきますようお願いいたします。

【参加申し込み】    締め切られました

■ 会期
2017年 12 月 1 日(金)~3 日(日)

■スケジュール

12月1日(金) 
    13:30-14:00 受付 
    14:00-17:30 口頭発表 
    18:00-22:30 夕食 自由時間 兼 情報交換会
12月2日(土) 
    09:00-12:10 口頭発表 
    12:10-14:10 昼休み 
    14:10-17:00 口頭発表 
    17:20-19:20 夕食 自由時間 
    19:20-20:10 特別講演 
    20:00-22:30 自由時間 兼 情報交換会
12月3日(日) 
    09:00-12:00 口頭発表

■ 会場
雄琴温泉 湯の宿 木もれび(〒520-0102 滋賀県大津市苗鹿2-30-1)
http://www.komolebi.jp/

■ 対象
主に30〜40代の農学系研究者
(+参加を希望する学生)

■ 参加予定数
40 名を想定しております。

■エントリー状況

ただ今32名の方に登録を頂いております。

内藤健 適応の選択肢はいくつある
東樹宏和 最強の植物内生菌がわかったかもしれない
浅井秀太 細胞レベルでの宿主病原菌相互作用機構の解析
野田口理孝 接ぎ木の技術革新を目指して
関 功介 レタスなのにレタスじゃない
橋田庸一 野外環境を再現するSmartGCの開発と評価
笠原 竜四郎 植物の雌性配偶体成熟期以前の中央細胞と助細胞の細胞間コミュニケーション因子の探索
羽馬 哲也 赤外分光法による葉のクチクラ層の非破壊その場構造解析
加野 彰人 ジャスモン酸と病虫害抵抗性誘導
西内 俊策 レガシーなデータを再利用したい
鈴木 崇之 暖地畑作物の線虫害軽減に関する研究
高橋宏和 死なずにできるダイズの通気組織
川勝弥一 京野菜であるミズナとミブナの葉の形態の多様性の解析
藤本優 負けないで~崖っぷち中手研究者の喜怒哀楽~
山内卓樹 環境適応のTrade-offを超えられるか?
高梨 秀樹 ソルガム小穂構造あれこれ
大迫 敬義 アワ遺伝資源としてのエノコログサの多様性
縣 步美 イネの穂型制御に関わる有用遺伝子の探索
別役重之 細菌感染に関して最近考えること
津坂 宜宏 薬用植物の栽培研究 ホソバオケラという植物について
樋山肇 薬用植物マオウの栽培研究
戸田 陽介 集合知を利用した病状識別の人工知能が作れるか
前田太郎 AM菌の気まぐれリボソーム
古川 純 RIイメージング、もう一度やりませんか?
井藤 純 フィールドにおけるオオムギのメリステムの発生フェノロジー
遠藤圭二 タイトル未定
小埜 栄一郎 モデルのない世界:ゴマのリグナン特化代謝

■ 運営■ 参加費  20,000円 (全日程参加の場合)

<参加費の内訳・二泊三日の場合>
宿泊費    : 12,000円 (領収書は宿泊施設より出ます)
会場代    :   3,000円 (領収書は中手の会より出ます)
要旨代    :   1,000円 (領収書は中手の会より出ます)
情報交換会費 :   4,000円 (領収書が必要な方はお申し付け下さい)

<備考>
・1人部屋をご希望の方は,宿泊費が18,000円となります
・12月1日から一泊二日の方は,宿泊費が6,000円,情報交換会費が2000円となります
・12月2日から一泊二日の方は,宿泊費が7,000円,情報交換会費が2000円となります

・二日目・三日目の宿泊施設での昼食につきましては,スケジュールの都合上、取り止めとさせて頂きました。大変申し訳ないのですが近隣のレストラン・コンビニなどのご利用をお願いいたします。

 

 

中手の会運営世話人一同
内藤健(農業・食品産業技術総合研究機構 遺伝資源センター)
藤本優(東京大学大学院農学生命科学研究科)
高梨秀樹(同上)
山内卓樹(国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST))
西内俊策(名古屋大学大学院生命農学研究科)
門田有希(岡山大学大学院環境生命科学研究科)

農学中手の会(Society of Post Youth Agronomists)の第2回研究集会へのお誘い

2016年3月24日

日本農学研究者各位

農学中手の会は、「育種学会」・「作物学会」・「園芸学会」・「植物病理学会」等の農学系の学会から、30〜40代の研究者を中心に結成された研究会です。これらの学会には対象とする作物や利用する技術に共通する研究が多いため、交流と情報共有を深めることで研究のさらなる発展を促すことができると考えられます。

そこで、農学中手の会ではこの問題を解消すべく、農学系でも特に「脂が乗りかけている」研究者層を対象に活動しています。活動の内容は以下の二つです。
一つ目は、「ローテーション式ワークショップ」です。一年ごとに育種・作物・園芸および植物病理の各学会をまわり、開催学会以外の学会から演者を招待したワークショップを開きます。
二つ目が、年一回の「研究集会」です。独立前後の、主に40代前半くらいまでの研究者が一堂に会し、その全員が研究発表を行う形で開催します。昨年開催した第一回目の研究集会では24名の研究者が集まり、小規模ながら極めて濃密な議論を交わすことができました。第2回めとなる今回の開催にあたっては、規模を40人前後にまで拡大し、また参加者にもJSTさきがけに採択された研究者を複数名招待したいと考えております。

研究は1人で行うものかも知れません。しかし同時に、研究とは人脈によって活性化されるものだと我々は考えています。勢いのある研究者同士が集まり、自由に議論を戦わせる場として、この中手の会は機能していきたいと考えています。

今年の農学中手の会 第2回研究集会は、11月10日〜11日に滋賀県で開催されます。
運営委員といたしましては、会場の設営、プログラムの編成等の作業に尽力して充実した会となるよう努力して参りますので、是非多数の方にご参加いただきますようお願いいたします。

参加申し込みの締め切りは以下の通りです。
【参加申し込み】    10月28日(金)

※締め切り前ですが、参加希望者が予定人数に達しましたので受付を終了致します。ありがとうございました。(2016-10-21)

■ 会期
2016 年 11 月 10 日(木)~11 日(金)

■ 会場
雄琴温泉 湯の宿 木もれび(〒520-0102 滋賀県大津市苗鹿2-30-1)
http://www.komolebi.jp/

■ 対象
主に30〜40代の農学系研究者

■ 参加予定数
40 名を想定しております。

■ 参加費(予定)
7000 円

■ 運営
中手の会運営世話人一同
内藤健(農研機構 遺伝資源センター)
藤本優(東京大学農学生命科学研究科)
高梨秀樹(同上)
山内卓樹(名古屋大学生命農学研究科)
西内俊策(同上)
門田有希(岡山大学大学院環境生命科学研究科)

登録ページ(別サイト)※定員に達したためリンクを削除してあります。